ペースを選んで取得|医療事務に従事したいなら注目|通学制もある
レディ

医療事務に従事したいなら注目|通学制もある

ペースを選んで取得

女性と子供

早く取得かじっくり学ぶか

保育士養成学校には基本的に2年、3年、4年制のものがあります。手早く学んで、学費を抑えつつ資格をとりたい方には短期の学校が合っています。短期の学校は2年制のものが主流ですが、幼稚園教諭の資格も取りたいと考えている方には、3年制の方が両方の資格を取れるカリキュラムが多いためオススメです。また、学校の種類として「指定校」と「併修校」があり、指定校ではその学校のカリキュラムを修了することで資格取得ができます。しかし併修校の場合は、厚生労働大臣指定の短期大学の通信課程をスクーリング受講しなければならないので注意が必要です。このように、さまざまな選択肢が保育士養成学校にはあります。独自に調べる、または知人に保育士がいる場合は相談するなどして情報を集め、決めていきましょう。

生活様式に合わせられる

保育士資格を取るには、二つの方法があります。保育士の国家試験に合格するか、保育士を養成する学校を卒業することです。フルタイムで働く会社員や、まとまった時間の取りにくい主婦の方には前者を、早く資格を取って現場で働きたい方には後者が向いていると考えられます。保育士資格は特定の大学や短大の卒業を必須とするものと思われがちですが、独学でも取得できるのです。学校で学び卒業する場合であっても、さまざまな種類があります。そのため学校選びは大変重要になってきます。2〜4年制と期間に幅があるほか、夜間過程を設けているところもあり、また通いやすさや学費もそれぞれで異なります。自分のライフスタイルに合った学校を選ぶことができる、幅広い選択肢があることが魅力だと言えるでしょう。