幼稚園で働くには|医療事務に従事したいなら注目|通学制もある
レディ

医療事務に従事したいなら注目|通学制もある

幼稚園で働くには

学生

幼稚園は、文部科学省が定める教育体系のひとつで学校教育法を根拠に設置されています。幼稚園の対象者は、満3才から小学校就学の始期に達する前の幼児となっています。なお、幼稚園と似たものとして保育園がありますが、保育園の場合には厚生労働省の所管で児童福祉法を根拠としており、乳児(1才未満)から未就学児までを対象としています。保育園では保育を目的とし保育士がその管理にあたりますが、幼稚園では幼稚園教諭が管理をしています。その他、幼稚園は文部科学省の所管ですので、初歩的な教育を行うといった違いがあり、内容としては、健康や人間関係、環境や言葉、表現といったことを教育を行います。幼稚園で働くためには幼稚園教諭の資格を有している必要があります。

幼稚園教諭の資格としては、3種類あります。1種免許状では4年制大学での幼稚園教諭養成課程を受ける必要があり卒業することで1種免許状を得ることができます。また大学を経ないで取得できるのが2種免許状で、この場合には短期大学や文部科学省が定める専門学校や養成学校などで行われる幼稚園教諭養成課程を受け、修了し卒業することで得ることができます。また専修免許状では、大学を卒業し大学院修士課程または専攻科で学ぶことで取得することができます。免許の種類によって給料が代わるケースもあり、1種免許状や専修免許状の人の方が新卒者では高めの給与設定がされているケースもあります。なお、幼稚園教諭は普通免許状のほか臨時免許状があり、臨時免許状では幼稚園教諭を用意できない場合にのみ都道府県から発行されるものがあります。