勉強

医療事務に従事したいなら注目|通学制もある

短期で資格を取得

複数の人

保育士の資格を得るために大学に通う人が多くいますが、その中でも短期大学は2年間で資格を得ることができるので人気です。ただし、保育士以外にも資格を得たい人や就職選択の幅を得たい人は4年制の大学に進学をする方がよいです。

資格が要らない医療の仕事

PCを操作するレディ

内容は一般事務とほぼ同じ

医療に関連した仕事の中には、医師や歯科医師、看護師などのように法律によって資格制限が定められているものもあれば、そうでないものもあります。後者の代表的な存在と言えるのが、医療事務です。医療事務は、病院や診療所などの医療機関を運営するのに必要な事務全般に関わる仕事です。基本的には一般企業における事務と大きな違いはないので、資格がなくても携わることができます。ただし業種自体が医療という、非常に専門性の高い分野であるため、ある程度の専門知識は求められます。医療事務に必要な知識は実際に仕事に就いてからでも身につけることができますが、事前に学習しておけば求人に応募する際に即戦力となれることをアピールできます。

事前に勉強すれば即戦力に

医療事務については、専門学校や各種学校などで開講されている講座でその知識を学ぶことができます。通学制の他に、通信制もあります。通学制・通信制ともに、その多くが講座修了時には検定試験が実施され、合格すると資格が取得できるようになっています。得られるのは民間資格ですが、スキルが一定水準にあることの証しとなります。短期間で集中的に学習し、資格取得を目指すなら通学制が便利です。学習期間は学校ごとに異なりますが、長くても1か月程度、短ければまとまった休みなどを利用して1週間程度通学することで、必要な知識が身につきます。一方、通信制は働きながら資格取得を目指したい、自分のペースで勉強したいといった人に適しています。

幼稚園で働くには

学生

幼稚園で働くためには、幼稚園教諭の資格を有している必要があります。幼稚園教諭の免許状を得る方法としては、大学や短期大学、また養成学校などで幼稚園教諭に関する教育課程を卒業することで取得することができます。

ペースを選んで取得

女性と子供

保育士資格を取る方法は二つ、特定の学校を卒業するか、国家試験に合格することです。また保育士養成学校の種類は幅広く、特徴もそれぞれあります。自分の状況や目標などに応じて、適した方法を選んで資格取得を目指しましょう。